特色ある教育

平成29年度 本校の特色ある教育活動

(1)年間を通して朝読書に取り組むことで、豊かな感性や表現力を育む。

(2)長期休業中や定期考査前に学習教室を実施し、基礎的・基本的な学力を充実させる。

(3)全学年で奉仕活動を実施し豊かな人間性や社会に貢献しようとする心を育む。

(4)学校と保護者・地域が一体となった体育祭、考えたことを伝える意見発表会、年間を通しての学習成果を確認する学習発表会を実施する。

(5)食育リーダーを中心として、地産・地消に関する教育活動を取り入れながら食育の推進を図る。

(6)授業参観や学校公開、学校行事等を通して、学校評価を積極的に実施し、保護者・地域との連携を強めるとともに、意見を参考に次年度の教育活動に反映させる。

(7)これまでの小中連携活動を基盤に、坂上地区小中一貫型教育開設準備委員会で、目指す児童・生徒像を策定し、9年間の学習カリキュラムや特色ある行事の在り方について研究と実践を進める。

(8)毎学期実施する授業参観や「東京都教育の日」の取組の一環とする学校公開期間、並びに学校行事等を通して、保護者、地域との連携を深めながら、広く開かれた学校づくりを推進する。

(9)部活動や委員会には原則として全員加入とし、自主性・責任感・連帯感の涵養に努める。

(10)各教科、道徳、総合的な学習の時間、特別活動等教育活動全般において八丈方言に関する内容を取り扱い、八丈方言の価値や特徴の理解を深めるとともに継承しようとする心を育む。



朝読書
【朝読書】


奉仕活動
【奉仕活動】


道徳地区公開講座
【道徳地区公開講座】


<地域の特性>
 八丈島の南東部に位置し、三原山を中心とする樫立・中之郷・末吉で形成される坂上地区のほぼ中央に位置する昭和22年開校の坂上唯一の中学校である。
 本校には、樫立・中之郷・末吉の各地区の小学校を卒業した生徒が在籍し、豊かな自然と優れた伝統文化を背景に小規模校の特性を生かした個性的で創意ある教育活動が展開される中、 たくましく学び続ける基礎となる能力や態度を培っている。また、昔からのよい伝統や習慣が引き継がれ、保護者や住民の連帯感も強く、学校教育に対して、たいへん協力的である。
 平成14年の旧末吉中学校との統合後は、末吉地区の生徒はスクールバスで本校に登下校している。
スクールバス


Copyright(C) 2012 Mihara Junior High School All rights reserved.