総合的な学習の時間では
・生涯にわたり学ぶ意欲をもつ児童を育てます。
・郷土に対する愛着や誇りを育みます。
進路指導では
・自らのよさと他人のよさを認め、さらに向上しようという姿  勢を育てます。
・自己実現に向けて精一杯努力する児童を育てます。
生活指導では
・町の教育相談やスクールカウンセラーとの連携を深め個々の  児童の多様な課題に対応します。
・日常生活における挨拶等の基本的行動様式の定着に努めます。・自主的・主体的に行動する社会性。道徳性のある児童を育みま す。
・中学校と一環し、地域と一体となって児童の健全育成に取り組 務体制を推進します。

各教科では
・指導と評価の一体化を図り、児童の学習情況を把握し、わかる 授業を行います。
・精選された体験活動から児童の学習意欲を刺激するとともに、 柔軟な思考力や豊かな創造力・表現力を育てます。
・ぐんぐんタイム(放課後・長期休業中)の時間も有効に使いな がら、基礎的・基本的な学力を身に付けさせます。
道徳では
・互いに認め合い、協力し合う児童を育てます。
・思いやりのある温かい校風を築きます。
・何事にも粘り強く集中して取り組む児童を育てます。
特別活動では
・心身の調和のとれた発達と個性の伸長を図ります。
・一人一人の個性や能力を生かし、集団の一員としての自覚を深 め社会性を育てます。
・豊かな人間関係を育てます。

学校経営方針 「(子どもが)通いたい学校、(家庭・地域が)通わせたい学校、
                                         (教師が)勤めたい学校」
   教育公務員として、全体の奉仕者として自覚をもち、授業を大切にして子どもの教育に全力を注ぐ。
      @   徹底して学びを支援する。
      A   心の居場所となる学校を目指す。
      B   「校内研究」では、教員としての自身を伸ばす場、子どもを伸ばす場と捉える。

学校の教育目標
人権尊重を基調とし、国際社会を生きる人間として信頼・尊敬される、豊かな心と確かな学力、主体的な行動力と高い社会性を身に付ける子供の育成を図るため、次の目標を設定する。
               ◎よく考え、進んで学ぶ子 
               ○体をきたえ、いきいきした子 
             ○友だちを大切にし、互いに助け合う子

全体計画1 年2 年3 年4 年5 年6 年 

     平成29年度 授業改善プラン     学力向上を図るための全体計画